このエントリーをはてなブックマークに追加

HOME世界で活躍するプロ野球選手の年俸>川﨑 宗則

川﨑 宗則選手の年俸情報

川﨑 宗則(カワサキ ムネノリ)
生年月日:1981年06月03日(35歳)
身長:178cm
出身地:鹿児島
ポジション:内野手
経歴:ソフトバンク(99)-マリナーズ(12)-ブルージェイズ(13)
2012年の年俸:6250万円

平均年俸:8838万円

最高年俸:2億4000万円

最低年俸:600万円
【年俸総額】
11億4900万円(通算13年)
鹿児島県立鹿児島工業高等学校の出身。甲子園出場経験は無く、全国的には無名だったが俊足・左打ち・安打の多さから「サツロー(薩摩のイチロー)」と呼ばれた。
現在の愛称は「ムネリン」。自他共に認める熱烈なイチローファンとして知られる。
1999年のドラフト会議では、福岡ダイエーホークスから4位指名を受け入団。背番号はイチロー選手の51番の次の数字で52番とした。
2004年から遊撃手としてレギュラーに定着し、全試合フルイニング出場と打率3割を記録。最多安打、盗塁王、ベストナイン・ゴールデングラブ賞を獲得する活躍となった。
2006年にはワールド・ベースボール・クラシック日本代表に選出され、遊撃手として優勝に貢献。
2011年オフにFA権を行使し、念願だったイチローと同じシアトル・マリナーズでプレーすることとなる。打率.205、出塁率.262を残すもシーズンの終わりにマイナー契約となり、トロント・ブルージェイズへ移籍。相次ぐ主力選手の故障者リスト入りでメジャーへ昇格、活躍し、持ち前の明るいパフォーマンスで現地のファンに愛されている。

川﨑 宗則選手の年俸グラフ

川﨑 宗則選手の年俸推移

西暦 通算年 年齢 チーム 年俸
2000年1年目19歳ソフトバンク600万円
2001年2年目20歳ソフトバンク600万円
2002年3年目21歳ソフトバンク650万円
2003年4年目22歳ソフトバンク1300万円
2004年5年目23歳ソフトバンク4500万円
2005年6年目24歳ソフトバンク9000万円
2006年7年目25歳ソフトバンク9000万円
2007年8年目26歳ソフトバンク1億4000万円
2008年9年目27歳ソフトバンク1億5000万円
2009年10年目28歳ソフトバンク1億5000万円
2010年11年目29歳ソフトバンク1億5000万円
2011年12年目30歳ソフトバンク2億4000万円
2012年13年目31歳マリナーズ6250万円
合計11億4900万円

世界で活躍するプロ野球選手の年俸データ

選手名 平均年俸
青木 宣親1億5818万円
田中 将大4億3125万円
上原 浩治2億9975万円
藤川 球児1億9117万円
松坂 大輔4億3653万円
岩隈 久志2億233万円
ダルビッシュ有3億9170万円
川﨑 宗則8838万円
和田 毅2億927万円
イチロー7億8566万円
高橋 尚成1億2715万円
黒田 博樹5億5516万円
建山 義紀5526万円
中島 裕之1億3257万円
岡島 秀樹8263万円
年俸などの各種数値は各種団体や書籍類で発表されているものをまとめたものです。数値はあくまで推定のものですので、参考程度にご覧ください。